忍者ブログ
俳優「斉藤悠」の毎日ブログ
[82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [61]  [76]  [75]  [74]  [73
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

舞台終わりました。
本当に長いようで短かった1ヶ月半充実した日々でした。
沢山の人に支えられ、無事怪我なく終わる事が出来ました。
素晴らしい人達との出会い、自分の成長、沢山の物を得られました。
しばらくはゆっくりしたいですが、怠ける事なく 少しでもいい役者になれるように頑張っていきたいです。
みなさま本当にありがとうございました。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
無題
すばらしい舞台でした。悠さん、
関西弁ナチュラルに聴こえましたよ。
実際の関西人が聴いたらまた違うのかもしれませんけれど。
あれだけの台詞に感情をのせて表現できるなんてすごい!
一度も噛みませんでしたね。
演劇に詳しいわけではありませんが、
私から見ると悠さんはとてもセンスのある役者さんだと思います。
間の取り方、台詞を言っていない時の表情など。
声の通りもいいですね。柔らかいんだけどよく通る声です。
どの役者さんたちも一様に素晴らしくて、一筋縄でいかない難しい役柄を見事演じ切っていらっしゃいました。
時間を忘れるほどあの世界に入り込むことができました。
演出の古川さんもすごく魅力的な方ですね。
学校にいたら人気のあるゆるい先生って感じです。
演出も(同作品の他の公演は観ていませんが)好みでした。
最初舞台の書き割りみて「なんじゃこりゃ?」と思いましたが、
トークで狙いがわかったので納得しました笑。
実際に夏の京都に足を運ばれたのは生かされていたと思います。
宮咲さん(これで名前を覚えました。チャーミングな役者さんですね)が悠さんを見送って鶴を折った後、
暗転して誰もいなくなるラストシーンが印象的でした。
ものすごく切なくてどこか救いようがないんだけど、
それでも生きていこうと思えるような心に響くお芝居でした。
また次回のお芝居も期待しています。
素敵な時間をどうもありがとうございました
0207 2008/03/14(Fri)12:36:04 Edit Top
ありがとうございます。
舞台観に来て頂き本当にありがとうございます。
みんな一生懸命頑張った芝居です。素晴らしい感想とても嬉しく思いました。
役者の良い所を存分に引き出してくれる古川さんの演出があったからこそだと思います。
ご挨拶出来なくて残念です。これからも頑張っていくので応援よろしくお願いします。

斉藤 悠 2008/03/16(Sun)20:01:21 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
プロフィール
HN:
斉藤悠
HP:
性別:
男性
職業:
俳優
趣味:
お酒
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[09/25 みゆき]
[06/08 きよ]
[01/28 あさじろう]
[11/16 山口 玲子]
[11/13 南]
最新記事
(11/27)
(11/14)
(11/11)
(10/15)
(10/13)
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
Copyright © 斉藤悠のお答えします All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]